2014年05月02日

お食い初めとは

お食い初めとは、生後100日前後の赤ちゃんのお祝いで、

100日間無事に育ったお祝いと、

今後も無事に育ちますようにと願う行事です。










楽天市場のお食い初め料理

お食い初め料理はもちろん、
祈祷済の歯固めの石、蛤のお吸い物、
手形足形セット、お食い初めのやり方の説明書、
ご希望で赤ちゃんのお名前をプリントアウト、・・・


  詳しくはコチラ → お食い初め料理



お客様のレビューはこちら
お食い初めが近づき、初めは自分で準備する予定でしたが
時間がなくレビューのいいこちらで購入しました
日付が近づいているのにも関わらず
親切かつ迅速に対応していただきよかったです。
鯛も立派で料理も写真の通りでした。
こちらでお願いして本当によかったです


娘のお食い初めのために今回購入しました。
鯛はびっくりするほどとても大きくて、お料理もおいしかったです
鯛めしのレシピも入っていたので、次の日にさっそく作ってみました
とてもおいしかったです
それと娘の名前が印刷された紙や足型が取れるセットが
入っていて、とても思い出の残るお食い初めができました


息子のお食い初め用に購入しました
届いてみたら、箱を開けてすぐの息子の名前入りの紙や、
鯛の大きさにびっくり
説明書きも全てカラープリントでわかりやすく、
記念の足形もしっかりとれました
お食い初め後の鯛めしも美味しかったです
みなさんがマイナスポイントにしている鯛の臭いですが、
本物の魚なんだから仕方ないんじゃ?臭く無い魚なんてあるの?
私は全然気になりませんでした
大満足の☆5つです




  詳しくはコチラ → お食い初め料理




可愛い赤ちゃんをお持ちのご家庭は是非
赤ちゃん お食い初め




  詳しくはコチラ → お食い初め料理


































【関連する記事】
posted by お食い初めのやり方 at 11:17| お食い初めQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

お食い初め やり方

お食い初めのやり方・お食い初め料理に付いて記載します晴れ

ひらめき赤ちゃんが生まれてから、3ヶ月から4ヶ月は

そろそろ母乳から離乳食に変わる頃ですひらめき

成長には個人差がありますが、その前後の都合の揺れるハート

ハートたち(複数ハート)良い日を選び、お祝いすればよいでしょう。


最近のお食い初めは

ひらめき現代では、正式な形でこの儀式を行なうケースも

少なくなってきていますひらめき

お椀のかわりにベビー用食器爆弾

お膳のかわりはベビーラックで代用することが多いようですひらめき

ひらめきまた、ちょうどこの頃はそろそろ離乳食に切り替わる頃なので、

離乳食用食器をそろえて代用するほうが実用的ぴかぴか(新しい)

現代的なお食い初めにふさわしいとも言えます

揺れるハートその家庭にあった祝い方で祝いましょう揺れるハート



お食い初めやり方

正式には【養い親】が箸をとり食べさせるマネをしますひらめき

ひらめきこの【養い親】とは祖父母や親戚など長寿の人のことで、

【長寿にあやかる】と言う意味があります揺れるハート

両親だけで行う場合はこれにこだわることもありませんぴかぴか(新しい)

父親が行えば良い記念になります揺れるハート

男の子なら男性ぴかぴか(新しい)に、女の子なら女性ぴかぴか(新しい)に食べさせる真似をしてもらいますハートたち(複数ハート)

※「お色直し」といって白い産着ばかりきていた赤ちゃんに
 色物の服を着せて祝う儀式を同時に行なう地域もあります。






お食い初め料理 【楽天市場】

これ一つでお食い初めの行事が行えます。
※商品ページにてご購入者様の感想があります。 >クリック

































































お中元 お礼状 はがき
芸能ニュース
ニコンカメラ D4 D3X D800
ヤフー検索急上昇
日本の行事・時候の挨拶
ママのストレス解消法




posted by お食い初めのやり方 at 17:40| お食い初め やり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

お食い初めとは・お食い初め料理

お食い初めは、赤ちゃんの祝い事のひとつで、生後100日もしくは、120日目に

初めて母乳以外の食べ物を用意し、食べさせるマネをします。
※地方により時期が違います。


赤ちゃんの健やかな成長と、

【一生食べ物に困らないようにと】願う日本の伝統的な儀式です。


お食い初め】は平安時代の五十日(いか)、百日(ももか)の儀式で

魚や魚肉を食べさせる、魚味始め「まみはじめ」という儀式から始まったと伝えられています。



その呼び名も【食べ始め】・【箸初め】・【箸揃え】・【箸立て】・【真名初め】などと呼ばれています。




お食い初め料理は、一般に赤飯、焼き物、汁物など一汁三菜です。

また、トップ〈頭〉になれるようにと、金頭〈ホウボウ〉という魚を添えることもあります。

かつて京都では、魚屋さんで金頭を借りて、

手をつけづに終わったら返すということがあったそうです。


【一粒なめ】といって、ご飯粒を一粒なめさせる地域があります。

これは、かつてお米には神から授けられた特別な呪力があると考えられ、

赤ちゃんに力を与えるという意味があったといわれています。


歯固めの儀といって、小石【歯固めの石】を三個用意し、赤ちゃんにかませて

「歯が丈夫になるように」と祈願する風習があります。

産土神である神社か、川原で拾ってきます。

お食い初めの料理にはそれぞれの意味がります。
お食い初めメニューの意味






お食い初め料理

※お食い初めが、これ一つで行えます。
































































お食い初め仕出し
お中元 お礼状 はがき
時候のの挨拶 7月
日本の行事














posted by お食い初めのやり方 at 11:36| お食い初め料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。