2013年05月29日

お食い初めとは・お食い初め料理

お食い初めは、赤ちゃんの祝い事のひとつで、生後100日もしくは、120日目に

初めて母乳以外の食べ物を用意し、食べさせるマネをします。
※地方により時期が違います。


赤ちゃんの健やかな成長と、

【一生食べ物に困らないようにと】願う日本の伝統的な儀式です。


お食い初め】は平安時代の五十日(いか)、百日(ももか)の儀式で

魚や魚肉を食べさせる、魚味始め「まみはじめ」という儀式から始まったと伝えられています。



その呼び名も【食べ始め】・【箸初め】・【箸揃え】・【箸立て】・【真名初め】などと呼ばれています。




お食い初め料理は、一般に赤飯、焼き物、汁物など一汁三菜です。

また、トップ〈頭〉になれるようにと、金頭〈ホウボウ〉という魚を添えることもあります。

かつて京都では、魚屋さんで金頭を借りて、

手をつけづに終わったら返すということがあったそうです。


【一粒なめ】といって、ご飯粒を一粒なめさせる地域があります。

これは、かつてお米には神から授けられた特別な呪力があると考えられ、

赤ちゃんに力を与えるという意味があったといわれています。


歯固めの儀といって、小石【歯固めの石】を三個用意し、赤ちゃんにかませて

「歯が丈夫になるように」と祈願する風習があります。

産土神である神社か、川原で拾ってきます。

お食い初めの料理にはそれぞれの意味がります。
お食い初めメニューの意味






お食い初め料理

※お食い初めが、これ一つで行えます。
































































お食い初め仕出し
お中元 お礼状 はがき
時候のの挨拶 7月
日本の行事














posted by お食い初めのやり方 at 11:36| お食い初め料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。